皮膚科の看護師〜仕事に関する独特の悩み〜

外来専門の病院や、個人経営の小規模なクリニックなども多く、数年間のブランクがある看護師でも比較的復職しやすい診療科として人気のある皮膚科。皮膚科という診療科は、主に目に見える皮膚の表面のことだけを取り扱う診療科目と思ってしまう人も多いのですが、決してそういうわけではありません。

 

ただの炎症だと思っていたら、どんどん皮膚の内部まで炎症が進行して骨まで行ってしまうなんてこともありますし、皮膚が弱すぎてテープが使えない人には別の対応が必要だったり、皮膚疾患の種類についての知識ももちろん求められたりします。ただかゆい所に軟膏を塗るだけが皮膚科の看護師の仕事ではありません。命に係わる疾病が少ないために、看護師にとっては働きやすい診療科と言われることも多いのですが、目に見える皮膚疾患は精神的なダメージにも影響しやすいため、患者さんとの適切なコミュニケーションを取ることも、ナースにとっては大きな悩みになることもあるようですね。

 

皮膚科という診療科で働く看護師には、独特の悩みあります。それは、皮膚が弱い看護師にとっては、患者さんの持っている伝染性の疾患が移ってしまうリスクが高い事。「ミイラ取りがミイラになってしまう」というわけではありませんが、体質的に伝染性の皮膚疾患にかかりやすい人は、皮膚科で働くことによって、自分自身も疾病にかかるリスクが高くなってしまう可能性があるので気を付けたほうが良いでしょう。


このページの先頭へ戻る