未経験で皮膚科の看護師求人に応募する際の注意点

長期間のブランクがあったり、未経験の看護師であったりしても比較的求人を見つけやすいのが、皮膚科という診療科目の特徴ではないでしょうか。皮膚科と言っても、手術を行って夜勤もこなす総合病院では、未経験者よりも経験者の方が優遇されることは言うまでもありませんが、入院設備を持たない外来専門の病院や小規模なクリニックの場合には、未経験でも医師のアシスタントとして仕事がしやすい職場環境になっているクリニックも存在しています。

 

ただし、採血や注射のような基本的な看護師の職務が少ない皮膚科では、未経験で転職する場合にはいくつか注意しておきたい点もあります。例えば、看護師としての基本的な業務を知らない「新米ナース」の場合には、ナースとしての技術をそこでつけることができるかどうかを見極めたほうが良いでしょう。新人研修があるのか、プリセプター制度はついているのかなど、そこで働けるだけではなく、働きながら経験や技術をつけることができるかどうかもチェックしたいですね。

 

これから皮膚科勤務の看護師として経験や実力をつけたいという場合には、勤務時間は不規則でも、たくさんの症例を直接経験できるような総合病院への転職がおすすめです。ナースの数が多いので技術力にあった仕事を分担できますし、先輩ナースから指導してもらうこともできるので、確実に技術力をアップすることができます。目的意識をはっきりと持ち、なぜ皮膚科で働きたいのかを考えながら転職先を見つけたいですね。


このページの先頭へ戻る