皮膚科の求人で休日を重視するなら、『4週8休』で探そう!

皮膚科勤務の看護師の求人を見つけるなら、理想的なのは4週8休。つまり、基本的には週に2回は休めるという職場環境ですね。外来専門の病院なら、外来の診察時間に合わせて看護師の勤務時間も決まるため、仕事を始めたから休日出勤が多くて後悔するということは少なく済ませることができます。また、入院施設を持たない病院なら、夜勤の心配もないので、割と勤務時間通りに出勤して帰宅できることが多いのではないでしょうか。

 

4週6休か4週8休かで大きくキツさが変わるのは、入院患者を抱えている総合病院。看護研究や研修会、勉強会などは通常の場合、シフト勤務に影響しない時間帯に行われるので、休みの日にそうしたイベントに参加しなければいけないことも少なくありません。また、忙しい病院だと時間外出勤も多く、なかなかゆっくり休める時間が確保できないこともあるでしょう。そうした点では、4週8休の職場のほうが、確実に休める時間を確保できるという点では理想的と言えそうですね。

 

仕事とプライベートを両立させたい人にとっては特に、休日がどのぐらいついているかは大切。子供や夫が休みで家にいるときには自分も家にいたいという人なら、外来専門のクリニックや、土日には診療を行っていない個人経営の皮膚科を選ぶのもおすすめです。キャリアを求めている人にとっても、休日を重視して転職先を見つけたい人にとっても、自分のライフスタイルやニーズに合わせて求人を見つけやすいのは、皮膚科という診療科目の大きなメリットと言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る