2交代制と3交代制の皮膚科 どちらが働きやすい?

皮膚科という診療科目は、外来専門のクリニックも多いですし、個人経営の病院などでは、シフト勤務自体がないケースも少なくありません。皮膚科勤務の看護師で、2交代制もしくは3交代制というシフト勤務になるのは、入院施設を持っているある程度の規模の総合病院になります。病床を持つ総合病院では、診療科目にかかわらず、看護師のほとんどは病院の勤務形態に合わせて2交代制もしくは3交代制で仕事をすることになります。どちらが働きやすいかは、その人のライフスタイルなどによっても異なりますが、どちらのシフト勤務の場合でも、日勤のみだったり夜勤のみということはほとんどないため、日勤と夜勤がミックスされたシフト勤務になることが多いです。

 

2交代制と3交代制、皮膚科の看護師にとってどちらの方が働きやすいか、転職先を探す際には気になりますよね?2交代制では、一回の勤務時間が長くなるので、仕事を終えた後にはクタクタになってしまうことは避けられません。また、忙しくて時間外労働が入ると、さらに疲労度も高くなってしまいます。1回の仕事で受けるクタクタ度を出来るだけ抑えたいなら、3交代制のほうがおすすめです。

 

小さな子供がいる家庭では、勤務時間が長くても比較的規則正しく予定が立てられる2交代制が良いという看護師も少なくありません。先輩看護師に話を聞いたりしながら、自分のライフスタイルやライフステージに合わせてシフト勤務を選びたいですね。


このページの先頭へ戻る