皮膚科の看護師求人に申し込む時に必ず確認しておきたいこと

近年では、皮膚科への転職を希望する看護師が急増しています。皮膚科と言っても私たちが知っているのは「一般皮膚科」と呼ばれる診療科目ですが、最近注目されているのが、美容皮膚科と呼ばれている新しい診療科目。どちらの診療科目へ転職するかによって、仕事の内容もがらりと変わるので、看護師求人に申し込む場合には、必ず診療内容も確認しておきましょう。

 

美容系ではなく一般的な皮膚科は、総合病院だけではなく個人クリニックからの求人も少なくありません。大規模な病院から小規模な病院まで、いろいろな規模の転職先が候補になるのは、この診療科目の大きな特徴と言えるでしょう。育児と仕事を両立させたい場合や、夜勤がない職場への転職を希望している場合には、入院設備のない病院を見つければよいわけです。看護師の資格を生かしながら、仕事とプライベートを充実させやすいのも、この診療科目の大きな魅力と言えます。

 

総合病院からの求人は、ほとんどの場合、診療科目にかかわらず病院の勤務形態に合わせて2交代制とか3交代制となるケースが多い傾向にあります。勤務している診療科目自体には入院患者がいなくても、病棟のお手伝いとか手術の補助などをお願いされることもあるので、そうした点は転職先を見つける際にはあらかじめチェックしておいた方が良いでしょう。一方、外来専門のクリニックでは、看護師のメイン職務である注射や採血などはほとんど行われることがなく、お薬を患部に塗ったりするお仕事がメインとなります。

皮膚科の看護師求人を探す時は、転職支援サポートを有効に活用しよう!

皮膚科で働く看護師のお仕事は、様々な規模の病院からたくさんの求人募集が出されています。個人経営のクリニックや外来専門のクリニックで行うナースの仕事内容と、入院患者がいたり、手術も行ったりする総合病院での仕事内容とでは、同じ皮膚科という診療科目でも仕事内容には大きな差があります。キャリアを積みたいという人なら、忙しくて不規則な勤務形態でも総合病院の方が、短期間で必要なスキルを身に着けることができるでしょうし、経験や技術よりもプライベートとの両立のほうが大切という看護師にとっては、入院施設のない病院で仕事をしたほうが、満足度は大きいですよね。その人によって、どんなタイプのお仕事がピッタリなのかは異なりますから、自分の希望やニーズに合わせて効率的に仕事を見つけることが大切です。

 

そこでおすすめなのが、転職支援サポートを活用した転職法です。転職支援サービスでは、公開されている求人はもちろん、非公開のものもたくさん取り扱っていて、自分の条件に合ったものをスピーディに絞り込んで見つけることができます。求人情報は常に最新のものに更新されているので、条件が良いお仕事が募集されれば、スピーディに見つけて応募できるのも、転職支援サービスのメリットと言えるでしょう。

 

転職支援サービスは、ほとんどが無料で利用できますし、ネットを使って仕事を検索したり応募できるので、忙しい看護師にとってはとても便利です。希望に沿った求人が出たら連絡が来るように設定すれば、毎日チェックしなくてもいい案件を効率よく探すことができます。また、登録するとカウンセラーがつくので、不安な点はカウンセラーに相談しながら転職活動を進めることができます。

「辞めたい!」と覚悟を決めた新人の看護師へ

新人として働き出したばかりなのに、もう辞めたいと思うのは、本人の問題の場合が多いですが、本当に職場が悪いということもあります。
皮膚科に限らず、看護師は最初に配属された部署や科目、先輩に大きく今後の人生を左右されますので、特に新人時代は注意です。
また、すでに何年も働いている先輩看護師では見えなくなっている部分にも、新しく入った看護師は気づきやすいです。

  • 職場の雰囲気が何かおかしい・・・
  • ここでずっと働くとこうなるのか・・・
  • こういう指導しかしてくれないの・・・

その職場に染まると見えなくなるのですが、フレッシュな新人はいろいろなものに敏感に反応できます。だから、その時、直観で感じた「この職場、やばいのかも」という感覚は大切にしてください。
なんとなく直観で思ったのなら、本当にやばい病院や職場である可能性が高いです。

 

確かに新人時代にいきなり転職するというのは、キャリア的にはマイナスな面は否めませんが、看護師の「辞めたい」にもいろいろありますので、一概に不利とも言えません。
最近、こういう考えができるようになったのは、下のサイトのおかげでもです。

新人看護師が「辞めたい」と向き合うガイド【転職という選択】
http://www.keith-brame.com/


このページの先頭へ戻る